相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 不動産による節税の方法などを教えてくれる相続税税理士

不動産による節税の方法などを教えてくれる相続税税理士

相続税の節税を検討しているなら、不動産物件を活用してみる選択肢があります。
人によっては多くの資産を保有していますが、その形も多彩です。
必ずしも現金で保有しているとは限りません。
資産の一部が有価証券になっている事もあれば、不動産物件もあります。
リスク対策などを考慮して、資産の一部を現金以外にしている方も少なくありません。
ところで誰かの資産は、基本的には遺族が相続する事になります。
ただし相続する時には、相続税も納付しなければなりません。
故人が保有していた資産によっては、相続税はかなりの金額になってしまう事もあります。
それで節税したいと思っている方も多いです。
節約を検討している方は、しばしば相続税税理士に相談しています。
節税に関するアドバイスなどを受けられますし、手続きも代行してくれるからです。


どうやって税金を節約するかというと、冒頭でも触れた不動産物件を活用する方法があります。
故人の遺産は、確かに現金という形で引き継ぐ事もできます。
しかし現金というより、むしろ不動産物件にする方が良い事も多いです。
というのも相続税の金額は、財産のタイプに左右される一面があります。
現金という形で財産を相続しますと、納税する金額も少々大きくなってしまう傾向があります。
それよりも不動産という形で相続する方が、税金を節約できる事も多いです。
ですから相続の手続きを踏む前に、不動産物件を買う選択肢もあります。
故人が残してくれた資産を不動産に変えておけば、かえって納税額を低く抑えられる事も多々あるからです。
また状況によっては、不動産の物件を賃貸にする方が良い事もあります。


故人が残してくれた財産の一部は、すでに現金ではなく不動産になっている事もあります。
ただマイホームという形で財産を引き継ぎますと、納税額は少々大きくなってしまう事も多いです。
それよりは、賃貸物件という形にする方が良い事もあります。
というのも賃貸にしておきますと、物件は簡単には売却できない状態になります。
たとえ相続する事になっても、簡単には売る事はできません。
ですからマイホームという形にしているよりは、むしろ賃貸にする方が税金を節約できる事も多いです。
そして相続税税理士は、上記のような節電の方法を色々知っている訳です。
多くの方々はその知識を知らない事も多いですが、税理士に相談すれば上記のような方法論を教えてくれる事があります。
ですから相続の手続きを踏む時は、税理士に相談するのがおすすめです。

▲ ページトップへ