相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 相続放棄に関して相続税税理士に相談

相続放棄に関して相続税税理士に相談

誰かの財産は、必ずしも引き継がれるとは限りません。
遺族が希望すれば、引き継がない選択肢も浮上してきます。
どういう事かというと、多くの方々は両親の遺産は引き継いでいます。
両親が多くの財産を保有していて、子供に引き継ぐケースはよくあります。
その際相続税もかかりますから、税理士に相談している方も多いです。
ところが人によっては、両親の財産を引き継がないと決めています。
というのも故人によっては借金を残している事もあるからです。
子供としては借金を引き継ぎたくありませんから、相続放棄をしている事もあります。
相続放棄は納税の義務は無いと思われている事もありますが、実際は違います。
たとえ放棄した時でも、子供としては納税の手続きを行わなければならない事もあります。
その際、相続税税理士に相談している方も少なくありません。


というのも人によっては、保険金などを受け取っている事があります。
他界した本人が生命保険などに加入していれば、保険金を受け取る事も可能です。
多くの方々はそのお金を受け取っていますが、その場合は相続税などは支払わなければなりません。
たとえ相続税を放棄していた時でも、支払う必要はあります。
そうかと思えば、退職金などを受け取っている事もあります。
両親の退職金を子供が受け取っているケースも多々ありますが、たとえその時に相続放棄していても、子供としては相続税の手続きを行わなければなりません。
それ以外にも、何らかの形でお金を受け取った時には、相続税の支払い義務が生じる事はあります。
相続を放棄したからと言って、納税の義務がなくなる訳ではありませんから、注意が必要です。


相続を放棄している方は、上記の点を誤解しているケースが多々あります。
それで相続税を支払わなかった時には、追加金などを請求されてしまうケースもありますから、注意が必要です。
相続には知識が求められる訳です。
ただ多くの方々は、あまり相続には詳しくありません。
そもそも誰かの財産を相続する機会は、あまり多くありません。
それだけに相続放棄の納税義務を知らない方も多いです。
相続に関する話題が浮上した時には、基本的には相続税税理士に相談するのが一番無難です。
あらかじめ税理士に相談しておけば、相続放棄に関するトラブルを回避する事もできます。
確かに税理士に依頼する時には、費用もかかります。
しかし費用はかかっても、最終的にはお金を節約できるケースも多いですし、依頼も前向きに検討してみると良いでしょう。

▲ ページトップへ