相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 相続税税理士にはどのタイミングで相談すべきか

相続税税理士にはどのタイミングで相談すべきか

相続税の申告は自力でもできないことはありませんが、間違いがないよう専門家である相続税税理士に依頼するのが一般的です。
ただ、税理士にも専門分野や得意分野がありますので、相談する場合は相続税税理士を選ぶことが肝心です。
場合によっては納税額を大幅に減らすことができるケースもありますし、わからないまま手続きを進めてしまうと、トラブルになる場合もあります。
まずは相続に強い税理士を選び、タイミングを逃さず相談をすべきでしょう。
では相続について税理士に相談するタイミングはいつがベストかと言えば、できるだけ早くが望ましいと言えます。
可能であれば生前から税理士へ相談し、生前贈与などについてしっかり対策を講じておくことで、大幅な節税対策が行える場合もあります。
なかなか難いことかもしれませんが、出来れば本人から早く動き出したほうが懸命でしょう。
信頼できる税理士にいつでも相談できる環境を作っておくのも良い方法です。


相続が発生した後は、法律で各種申告や納付の期限が設けられていますので、ゆっくりはしていられません。
期限に注意して創造税税理士に早急に相談するのがおすすめです。
相続税に関する申告や納付の期限は、相続放棄や限定承認を行える期限が3ヶ月以内、準確定申告の期限が4ヶ月以内となっています。
一見猶予があるようにも見えますが、実際にはあっという間に過ぎてしまう期間です。
また、相続税の申告や納付期限は10ヶ月以内、遺留分の減殺請求期限は1年以内となっています。
還付請求の期限は申告から1年以内、相続税の特例適用のための分割期限は3年10ヶ月以内となっていますので、こちらも頭に入れておいたほうが良いでしょう。
実はもっとも注意すべきなのは、相続税の申告納付期限です。
被相続人の死亡を知った日の翌日から10ヶ月以内というのが期限なのですが、この日を過ぎて無申告の場合は、延滞税や加算税などの罰金が課せられてしまうからです。
こうなると相続税を軽減させるための特例も一切使えなくなってしまいますので、必ず期限を守りましょう。
原則、申告期限の延長はできませんので、うっかりはしていられません。
ちょうど良い税理士への相談タイミングは、四十九日法要が終わった後ぐらいでしょう。
少なくとも相続発生から半年以内には、一度税理士に相談するのがおすすめです。


実は相続税の申告後1年以内は、修正申告に基づいて還付請求が行えます。
また、例えば申告期限までに親族の間で遺産分割協議がまとまらないような場合にも各種特例があり、3年以内に協議が整えば特例を受けられる場合があります。
相続税を申告し、納付もすでに済ませてしまった後でも、万が一相続税を払い過ぎていた可能性がある場合には再度申請し、還付請求することが可能なのです。
そのため、すでに手続きを済ませてしまった場合にも、あらためて相続税税理士へ相談するという手段もあります。
場合によっては大幅な節税効果が期待できますし、迅速かつ正確に税務調査の対応などのアフターフォローも任せられるでしょう。
相続税の税額には各種特例があるため、財産評価は正確に行わなければ損をしてしまいます。
特例制度を上手く活用するスキルは、税理士のなかでも経験のある人でないと活用が難しいのも事実です。
どのように財産評価を行えば評価額が下げるか、節税になる遺産分割方法はどのようなものか、専門的に適用条件をきちんと見極めて活用してもらいましょう。
実際に納税額が数百万円から数千万円も格差が生じるケースもあります。

▲ ページトップへ