相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 相続税税理士に依頼する時の料金はどれぐらいか

相続税税理士に依頼する時の料金はどれぐらいか

相続の手続きを進める方法は、2つあります。
自力でその手続きを行う方法と、相続税税理士に任せる方法があります。
前者の方法は、費用に関するメリットがあります。
そもそも税理士に任せる場合は、指定の費用も支払う事になります。
案件によっては100万円以上の費用を支払う事になるので、二の足を踏んでいる方も少なくありません。
自力で手続きを進める分には費用は発生しません。
しかし自力で相続の手続きを進めるのは、とても大変です。
相続に関する知識は覚える必要がありますし、万が一申告期限に間に合わなかった時には、納める税金が増えてしまう事もあります。
その点税理士に任せると、スピーディーに手続きを進めてくれますし、節税に関するアドバイスを受ける事も可能です。
費用はかかるものの、それだけのメリットがあるという声も多いです。


では税理士に手続きを任せる時の料金はどれぐらいになるかと言うと、相続する金額に左右されます。
多くの金額を相続する時には、それだけ料金も大きくなります。
例えばある税理士事務所の場合は、相続する金額が7000万円から1億円の範囲内であれば、報酬は35万円から100万円になります。
そして相続金額が1億円から3億円の範囲なら、報酬は50万円から150万円目安になりますし、3億円から5億円なら200万円といった具合です。
相続する財産と税理士の報酬との間には、比例関係がある訳です。
ちなみに税理士に依頼する時の具体的な金額は、見積もりで提示してもらう事もできます。
初回相談の際に税理士に詳細な情報を伝える事になりますが、それで報酬金額を教えてもらう事もできます。
ちなみに見積もりを提示してもらう分には、無料になります。


また税理士事務所によっては、上記とは別途でお金がある事があります。
そもそも税理士に相続の手続きを任せる時には、着手してもらう事になる訳です。
事務所によっては、着手する際にお金を徴収している事があります。
現にある税理士事務所の場合は、相続に関する手続きを引き受ける時には、必ず10万円を徴収しています。
着手金が何円ぐらいになるかは事務所によって異なりますが、大抵10万円ぐらいになります。
ただし事務所によっては着手金を徴収していない事もあります。
着手金無料で依頼を引き受けている税理士もあります。
最初にまとまった費用を支払うのが少々難しい方々は、着手金が無料であるかどうかを基準に、事務所を選んでいる事も多いです。
少なくとも依頼費用は、相続税税理士を選ぶ基準の1つになります。

▲ ページトップへ