相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 相続税税理士に相談するタイミング

相続税税理士に相談するタイミング

相続の悩みが生じた時には、相続税税理士に相談してみる方法もあります。
相続税に関する相談をする事ができますし、面倒な手続きを代行してくれるメリットは大きいです。
ところで税理士に手続きを任せるタイミングは、複数あります。
例えば相続してから3ヶ月ぐらい経過したタイミングもあれば、確定申告の締め切りが近づいているタイミングもあります。
相続する前に、税理士に相談しておく事も可能です。
多くの税理士事務所では無料で相談を受け付けていますし、早めに相談している方も少なくありません。
上記のように色々なタイミングはあるものの、実際にはどのタイミングで依頼するのが最適なのか、迷ってしまうケースもあります。
基本的には、早めに相談しておくに越した事はありません。
早い方がスムーズだからです。


例えば3月上旬などのタイミングに税理士に依頼するのは、あまり好ましくありません。
3月上旬というタイミングですと、そろそろ確定申告の締め切りが迫っています。
相続税の手続きに関しても、3月半ばまでには済ませる必要がありますから、3月上旬に相談するのは少々遅いです。
そのタイミングで相談をする事も一応可能ではありますが、たとえ急ぎで税理士が手続きを進めたとしても、3月半ばという申告締め切りには間に合わない可能性があります。
また相続開始から4ヶ月が経過した頃に依頼するのも、あまり好ましくありません。
というのも相続放棄などの手続きを踏むにしても、締め切りがあります。
たとえ税理士に依頼しても、手続きが間に合わなくなる可能性はあります。
あまり遅い時期に依頼しないよう、注意が必要です。


では結局はいつ頃に相続税税理士に依頼すべきかというと、早ければ早いほど望ましいです。
一般的には、相続開始から2ヶ月以内に税理士に相談すべきであると言われています。
それ以上遅れてしまいますと、税金に関する手続きに間に合わない可能性があるからです。
ですが早めに相談する分には、特に問題ありません。
そもそも2ヶ月経過した頃に慌てて税理士を探すのも、少々大変です。
自分にとって最適な税理士を選ぶにしても、やや時間がかかってしまう傾向があります。
それよりも20日目や30日目など早めのタイミングに税理士に相談しておけば、相続税に関する手続きをスムーズに済ませることができます。
相続を開始する前でも構いませんから、なるべく早めに税理士と契約を済ませておき、いつでも相談できる体制を整えておくのがおすすめです。

▲ ページトップへ