相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 相続税税理士に相談する時の書類

相続税税理士に相談する時の書類

相続税の手続きに関する悩みを抱えている方は、しばしば税理士に相談しています。
相続税税理士なら、その手続きに関するサポートをしてくれます。
ところで税理士に相談する時は、制限時間が設けられている事があります。
指定の時間を超えてしまいますと、料金がかかってしまう事も多々あるので、注意が必要です。
税理士に相談する時には、基本的には事務所に行く必要があります。
たいていの事務所は無料相談が可能ですが、時間無制限で相談できる訳ではありません。
最初の数十分程度は無料であるものの、それ以降は有料になってしまう事もあります。
このため相続税税理士に相談するなら、できるだけ手短に話をする必要があります。
手短に話すコツは数点ありますが、その1つは書類準備です。
早めに書類を揃えておけば、かなり時間を短縮できる傾向があります。


例えば故人が不動産物件を保有している場合、建物に関する書類は必要です。
登記簿謄本や税金の証明書などは、準備しておく方が望ましいです。
ちなみに土地物件に関しては、登記簿謄本だけで問題ありません。
また故人が生命保険に加入していた時は、保険の証書や支払いの通知書も準備しておく必要がありますし、退職手当があるなら源泉徴収票も必要です。
また確定申告がすでに完了している時は、準確定申告書も準備しておく必要があります。
上記の書類が無いと、後日に改めて書類を提出しなければならず、二度手間になってしまいます。
税理士の事務所に訪問する前に、必要書類は確認しておく方が良いでしょう。
ちなみに「必須」ではないものの、ある方が便利な書類も数点あります。
例えば骨董品や絵画などの一覧リストです。


人によっては、かなり価値が高い絵画や骨董品を持っている事があります。
それを複数点持っているなら、その一覧リストを作っておく方が便利です。
その方が税理士との話もスムーズになるからです。
また土地物件を保有しているなら、測量図がある方が望ましいですが、なくても構いません。
登記簿謄本だけは必要ですが、測量図は必須ではありません。
また葬儀を行った後なら、その葬儀の費用が分かる書類も準備しておく方が無難です。
領収書があると便利ですが、なくても問題ありません。
一覧表に記入しておけば、基本的には問題ないからです。
上記のように、あれば良い書類も数点あります。
書類を準備しておけば、相談時間も短縮する事ができますから、事前に税理士事務所に問い合わせして書類を確認しておくと良いでしょう。

▲ ページトップへ