相続税の相談ならココ!税理士6選

トップページ > 相続税税理士について > 費用がかかっても相続税税理士に任せる方が良い理由

費用がかかっても相続税税理士に任せる方が良い理由

相続の手続きを行う際には、追加金や報酬などが気になってしまう事があります。
状況によっては、お金を追加せざるを得ない事もありますから、注意が必要です。
どういう事かというと、相続の手続きを進める際には税金も発生します。
子供に対して財産を引き継ぐ時には、指定の相続税を支払わなければなりません。
もちろん正確な数字を算出した上で、所定の申告手続きを済ませる必要があります。
その手続きは若干の知識が求められますから、相続税税理士への依頼を検討している方も多いです。
しかし専門家に手続きを任せる時には、所定の料金も支払う事になります。
税理士に対して手続きを任せる場合は、100万円以上かかってしまう事も多いです。
100万円を支払いたくない時には、あえて自力で手続きを進める選択肢もあります。


ところで確定申告の手続きには、必ず締め切りがあります。
いかなる状況でも、3月の半ばまでには手続きを完了させる必要があります。
ところで普段忙しい方々は、なかなか計算が順調に進まない事もあります。
普段の仕事が忙しいので、相続税の計算がなかなか終わらないという声も多いです。
気が付いた時には3月半ばという申告締め切りを過ぎている事もあります。
締め切りを過ぎてしまいますと、重加算税などが発生してしまいます。
本来よりも多くの税金を支払う事になってしまいますから、3月半ばという締め切りには間に合わせる必要があります。
しかし普段の仕事が忙しいと、それもなかなか困難です。
その点税理士は、確定申告に間に合うように手続きを進めてくれますから、重加算税を支払うリスクを回避する事ができます。


重加算税の金額はとても大きく、相続額によってはかなり多くの税額になってしまう事もあります。
それよりも税理士に依頼する方が得になる事も多いです。
確かに税理士に依頼する時には指定の料金を支払う事になりますが、それでも重加算税を支払うよりは費用を低く抑えられる傾向があります。
ちなみに締め切りに間に合いそうも無い時には、とりあえず3月半ばまでに申告書だけ提出しておく方法も一応あります。
一旦は提出しておき、後になって修正申告する方法もあるからです。
ですが結局は税務署に2回以上は書類を提出する事になりますし、やや手間が大きいです。
それよりも最初から税理士に手続きを任せておく方が、無難な結果になる傾向があります。
多少は費用はかかりますが、税理士への依頼も前向きに検討してみる方が良いでしょう。

▲ ページトップへ